記事一覧

ビットコイン(仮想通貨)の暴落の原因『テザー疑惑とは』

日本では今まさにコインチェックのNEM580億の流出問題の話題でもちきりです。

しかし、これは日本人が思っているほどには、世界的には大きな問題ではありませんでした。
アメリカ在住の知り合いの投資家に聞いたので間違いありません。

今世界が本当に懸念しているのは、テザー疑惑だと言う。

誰にでもわかるようになるべく簡単に説明したいと思います。


テザーとは?

デザーとはアメリカの会社です。
この会社が発行した通貨です。

法定通貨と完全に連動した価値を持つ仮想通貨です。
どーゆうことかと言うと
・1テザー=1ドルです。
・投資家はテザーをUSドルで買います。
例えば1000ドルを1000テザーに変えます。
この1000テザーをビットコインなどに変えて使います。もちろんいつでも1000ドルにも戻せます。

他の仮想通貨との違い
◆テザー以外の仮想通貨は値段がものすごい上がったり下がったりします。
例)
1ビットコインを200万で購入⇒1か月後。1ビットコイン100万になってしまうこともあります

◆テザーはというと。法定通貨と完全に連動しているので。
例)
1テザー200万で購入⇒1か月後も1テザー200万のままです


USドルで言うと、1テザーは常に1USドルで取引されます。

USドル、日本円などの現金を、ただデジタル化したものです。
これがテザーです。

デザーのメリットって?

仮想通貨やられている方だと、すぐおわかりになると思いますが。

仮想通貨を買うためには、お金を取引所(仮想通貨の銀行みたいなもの)の口座にいれないといけません。金融機関を使うとATMの利用時間に左右されてしまいます。入金して今すぐ仮想通貨を買いたい時に買えないなんてことになります。

Qじゃあビットコインをもって置けばいいんじゃない?
24時間いつでも円にも、他の通貨にも、仮想通貨にも変えれるよね??
Aビットコインは先ほどもいった通り、常に価格が大きく動いています。
それが不安と言う方もいます。

この2点です。
金融機関の利用時間にも縛られないでいつでも仮想通貨が買える。
ビットコインと違い常に価格が一定。この状態から仮想通貨が買える。


このメリットによりテザーは利用者に指示されものすごい規模になりました。

ここまでがテザーの簡単な説明です。

ではここからは、、

なぜ今テザーが原因で仮想通貨が大暴落しているの?

テザー疑惑と言う物があります。
それはどういう物かといいいますと。
テザーを扱っている取引所はアメリカに何か所かあります。
その中の一つの取引所Bitfinextと言う所が、どうやら、おかしい、怪しいと言う話です。

それは、1000ドルで1000テザーをBitfinextでお客さんが買いました。
このやり取りをする前提として必要なことは
Bitfinext側はお客さんに1000テザーを1000ドルで売るために、先にテザー社から1000ドルで1000テザーを買って置かないといけません。

それがなんと、Bitfinextは、ただでテザー社から1000テザーをもらって、そのただで発行してもらった1000テザーでお客さんの1000ドルと交換していたんじゃないかと言う話です。

テザー社の絶対的安心感であったはずの1000ドル=1000テザーがないという話です。
例えば仮に100億テザー発行したら100億ドルがテザー社にあるはずなのですが、50億テザーしかないなんて状態なんじゃないの?っていう疑惑です。

仮に全員が今すぐテザーをドルに変えたいといっても半分しか貰えないという感じです(半分なのか10%なのか90%かはわかりませんが)

Qそんなこと本当にでそきるの??
Aできそう。なんていったって、デザー者とBitfinextの経営者は同じだからです!!

疑惑が広がるわけですね。
これは怪しすぎますね。

じゃあBitfinextはその儲けたお金を何に使ったの??

これもあくまで噂ですが、ビットコインの買い支えで使ったのではと言う疑惑があります。
ビットコインの謎の買い支え、異常な高騰はBitfinextがビットコインの下落を止め、高騰させていたという疑惑です。

これがテザー問題です。


もしもこれが全部本当なら、今までデザー社が発行したデザーは23億ドル(3000億)ほどらしいです。

その半分しかデザー社になかったら、1500億円分のビットコインの価値の存在が消えるとおなじです。本来ないはずの存在なので、その分の暴落は起こります。
これに風評被害も、乗っかってものすごい大暴落を、起こしている最中と言うわけです。

疑惑でここまで落ちているので、これが真実と証明された時、、、怖くてなりません。
専門家の意見などでは最大80%の下落も起こりうるという話です。


では仮想通貨はもう終わりなのでしょうか?
そんなことはありません。
確実に仮想通貨の人口は増えています。
本来顧客が増えているのに値段が下がるのはおかしな話です。

こういう膿を出し切って、また低い値段から徐々になのか、一気に上昇するかはわかりませんが、また上がっていくでしょう。

htJtHE5a.png



最後に

また暴落で稼ぐ方法もあります。
仮想通貨(ビットコイン)が、下がる方(暴落)に掛けて儲ける方法があります。

(暴落で稼ぐ方法)
ビットコイン(仮想通貨)の暴落、高騰には自動売買予約システムが活躍

参考までにどうぞ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

初心者におススメNo1 口座開設完了でもれなく1000円プレゼント!